2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド人の緻密さ

さてと、この話題になると、頭に来ることが多い僕!冷静になれない僕!
なぜなら、仕事でインド人スタッフにすごく簡単な作業をお願いしても、戻ってくる成果はあまりにも雑すぎるものばかりからである。例えば、AUTOCAD(ものすごく精密に図面を描けるソフト)で、間隔100mの線を作成しなさいと指示しても、出来上がった図面では線の間隔が99mだったり、101mだったりするわけだ。どうしてそうなってしまうのか、意味不明である。

しかし、先週日曜日のできごとで、昔のインド人の緻密さにびっくりさせられた。 一週間ほどしかインドにいない会社の先輩にお土産の購入場所を案内しようと、ニューデリーの中心部コンノートプレイスに出かけた。折角なので、どこか観光場所も見せようと思い、近くにあるジャンタル・マンタル (Jantar Mantar) に寄ることにした。

観光案内誌には天文台として紹介されているが、あまり興味がなかったので、今までは行かなかった。何も期待せずに行ってみると、なんと立派な日時計が目の前に現れた。日影と曲線を巧みに使用して日本を含む世界の4個所の時間が分かるようだ。
01
01A

そして、すごく感動したのは、カーブしている大理石の表面に等間隔のメモリが刻まれている↓↓↓
02

できるんじゃないか、等間隔の線を描けること!!!
どうして、うちの事務所のスタッフは、この技術を身につけていないの?!

奥に進んでみると、星を観測する半球状のレンガの台を発見!
通路のため、曲面を不連続にしているが、きれいに半球の曲面になっている。
03

曲面にもかかわらず、真ん中の一点(リング)に向かって線が引かれている。何か挿して観測する跡が分かる。
04

そのすごさが分からないインドの若者たちが平気に上に乗って写真撮影!残念!

さらに、一番奥に太陽と月を観測する天文台を発見! 360度をきれいに60等分して、6度ずつの石台を真ん中の柱に取り付けられる立体観測台。
05
05A

この石台にも細かく等間隔のメモリが刻まれているのだ!すばらしい!
06

またも、この観測台のすごさが分からずに、無邪気に遊んでいる子供たち!
07

ある意味、彼らはものすごく恵まれている環境で生きているのだ!それに気づいてこの緻密さを身につけて育ってほしいな・・・

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

コメント

確かインドって数学すごいんだよね・・・?

すごい数学

インドの数学はすごいって世界で有名らしいが、僕にとっては納得できていないところが多いな・・・この間インドの偉い人に1+1は3だよと言われたばかりだ。ある意味、すごいかも!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。