2011-04

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震と津波

たくさんのご心配ありがとうございました。
そして、今もたくさんの応援ありがとうございます。
実家のある宮城から、夫と子供と横浜に戻っています。

みなさまから届く、だいじょうぶ?の声に
ほんとに支えていただきました。
国内外の方々が、現地にいるように声をかけてくださったり、
そばに来て、近所の人のように手を貸してくださることのありがたさを今も実感しています。
この心強さは、すごいです。
寒いの、お腹すいたの、吹っ飛びました。

地元パワーもすごかった。
歩ける道を作るための片づけ、ごはんの調達、
人と人が声をかけ集まるたびに、アイディアも、炊き出しメニューも豊富になりました。
それから、知り合いをたずねあっては、わずかの食べ物、品物を渡しあいました。
あれは、きっとなかなか食べられず使われず、ぐるぐるまわってたんじゃないかと
愛おしくおもいます。
なにもないので笑うしかなく、寒いので動くしかないのがかえって
普段なら照れてしまいそうな
互いに笑顔で支えあうことにつながりました。

もちろん、津波はすごく恐かった。
ただじっとして上から見ているときも、
外に出て、泥一色になった風景を見たときも。
どう捻っても言葉が出ませんでした。
人がいるのに気配がない静けさ。風も吹くのに音がありません。
色とか具体的な形のものがないところに
ふつうに服着た自分が立ってる異次元。
ありえない程の無音。無形。色は泥だけ。不思議でした。

みんなどうしてるんだろ?ここどこなんだろ?という呆然をかかえたまま
普通に話し、日が出たら食べ物を探し家を直し、日が沈んだら寝る暮らしを始めた
ここにいる人たちが、わたしを育ててくれたんだとおもうと、
どんどん力がわいて、ふんばれました。
いまさらながら、もう大人ですが、
郷土愛が、ぶわーっとあふれました。

というわけで、
連休に、また行ってきます。

まだまだ先は長いし、瓦礫や泥もある。
町並みは変わっても、木々や家、色が戻って、またカラフルな景色が広がるよう
これからも、遠くから近くから、できることやってきます。
みなさんの応援を糧にして♪
ほんとにありがとうございます!!!
いつも心にみなさん、そして故郷。これが何より今動くちからになっています。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。