2010-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィス in デリー

仕事が大詰めになってきたこの一週間、昼ごはんの時間も惜しんで外出せず、事務所内でデリバリ等で済まして仕事に集中した。

僕が働く事務所はこんな感じだ↓↓↓
office

普段は現地スタッフ、日本人、アメリカ人、イギリス人、そしてベトナム人の僕も入れて、たくさんの人が働いている。もちろんいろんな言葉が使われる。インド人同士はヒンドゥ語を使っているようだが、ヒンドゥ語が通じず、英語でしゃべる現地スタッフもいる。

そして、共通言語は英語だが、面白いことに、日本人が多いせいか、人を呼ぶときは、英語のMrの代わりに「○○さん」が使われる。現地スタッフはみんな通じるし、実際に使っている。「○○さん」と呼ばれると、一瞬錯覚して日本語で返事しそうになる。

こんな事務所なので、昼間はあちらこちらから、たくさんの情報が飛び交っている。 英語、日本語で混乱した頭を落ち着かせるために、事務所から一望できるインド国鉄の電車か、近くの不思議な形の建物を眺めることは効果的。

不思議な形の建物↓↓↓
from office 01

事務所から一望できるインド国鉄↓↓↓
from office 02

こんなところで、日々頑張っていま~す!!!
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

ニューデリーにただいま!

一週間の一時帰国を終えて、懐かしいカレー風味が漂うこのニューデリーに戻ってきました。

事務所では仕事も忙しくなって、半年近く日本に帰れない人もたくさんいるので、食に対して不満が日々増して行く。今回の一時帰国で、干物とか、寿司とか、鮭の切り身とか、魚類の買出しがたくさん注文されました。その気持ちに答えて、スーツケースが魚類、のり、ふりかけなどでいっぱいになった。

Commonwealth Games で新しくなったインディラ・ガンジー国際空港に興味津々でキョロキョロしながら、ドキドキしてカスタムを通った。そうすると、ほかの日本人はノーチェックで通ったのに、僕だけが警官に止められてしまった・・・「これで全部魚が没収されたら、たまらないな!」と思いながら、肝試しのこんな会話が始まった!

警官:スーツケースに何が入っているの?
僕  :(あらら・・・来たなと思いながら、英語の片言で)Noodle! Japanese Noodle!
   (僕のパスポートはベトナムなのに・・・)
警官:こんな大きいなスーツケース、重いし(持ってみた・・・)、 機械が入っているだろう?
僕  :(25kgのスーツケースなのに、重いわけねえだろうと思いながら)
   No machine!
警官:ノートパソコンは?
僕  :My Computer here!(ビジネスかばんを開けて見せた)
警官:機械は持っていないか?Ipadは?
僕  :はっ?だから、No machine! No Ipad! (なんでIpadって聞くんだ?インドでたくさん売れるのか?そんなに人気があったら、今度たくさん買って来ようかな・・・)

結局、話が通じないので、戻って荷物をスキャンしろと言われた。

スキャンを管理する人は一人だけ!しかも民間人みたいでゆるい感じ!

肝心のスーツケースを入れながら、僕はその人に話しかけた。「ビジネスかばんを持っているけど、これもスキャンするの?ノートパソコンしか入っていないけど・・・」なんて文句いいながらやると、その人がスキャン画面をみないで、スーツケースが問題なくスキャンマシーンを通過した!!!ラッキー!

まあ、魚は没収されないで済んだことは良かったものの、こんな感じでチェックしたら、何だって持って入れるじゃないかな!

あぁ~、このIncredible India!!!

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

一時帰国!!!

連絡が遅くなりましたが、所長と部長のおかげで一時帰国を果たしました。仕事は10月29日で終わる予定でしたが、もちろんこのIncredible Indiaでは、そう簡単にはいきませんでした。

1週間の一時帰国を許可された代わりに、インド滞在は無期?延長(帰り日程は不明)が決定された。

はいはいしか出来なかった娘に泣かれるだろうかとびくびくしながら、インディラ・ガンディー国際空港に向かった。そして、出発ゲートの前に出迎えてくれたのは、これだ!!!

butsuzo

なんらかほっとしました。

そして、家に着いたとたん、娘に泣かれるところか、両手を広げて満面笑いで迎えてくれた。デング熱の悪夢から生き返った気がした・・・

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。