2010-10

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デング熱?!

「インド全土がデング熱に追われている!ネッタイシマカ、ヒトスジシマカの蚊軍団が大量に国中を偵察している。空が真っ黒に染まった!
その蚊軍団が人を見つけると、あらゆる体の部分に一気に急降下して攻撃する。
ヒュー!ヒュー!バーン!
あっ!もうダメだ!僕!デング熱になってしまう!」


高熱を出して三日目になる”この細い体”の僕が夢から目覚めた!汗びっしょり!

僕が熱を出したのは、同じ宿舎に住んでいる事務所の先輩がデング熱になった二日後のことだ。なんてタイミングが良いことだろうか。しかも熱が下がったり、上がったりする現象も同じだ。

一日目は、朝から微熱だったが、普通の疲れかと思って通常出社した。そうすると、その夜に、高熱と寒気に追われ、汗びっしょりのTシャツを4,5枚も取り替えた。

二日目は、会社を休ませてもらい、様子を見た。午前中に37℃に戻り、直ったぁと思ったら、夕方になると、また39℃近くの高熱が出た。

「ハァッハァッハァッ!これじゃ、後は顔や手に湿疹が出たら、決定的勝利になるのだ」なんて蚊軍団が笑っているように聞こえてきた。
「まずい。明日絶対病院に行くぞ!」なんて決心して眠りについた僕!(←病院に行くのがちょう苦手のこの僕!)

そして、三日目の朝になった。体温はまた37℃代に戻った。「もう騙されないよ。病院に行くと決めたから」と天井に止まっている黒点(蚊の偵察隊か?)に向かった。

行ったのは、デリーで一番大きいMAXという病院だ。結構評判が良いらしい。院内は意外に清潔で病院特有の匂いがない!(それとも高熱でやられた僕は感じないのか?)
先生も看護婦さんたちも優しかったが、患者さんが多すぎるのか、最後まで僕の体温をチェックしなかった・・・「すべては採血の結果を待ちましょう」と最後の結論だけが理解できた。

そして、今日!待ちに待った結果!

Dengue NS1 Antigen Test -デング熱テスト-Negative!!!
CBC (Complete Blood Count) Test-血液成分テスト-すべて正常値!!!

しかも、白血球の量も通常範囲なっている!!!ウイルスとも戦っていないのか!

まぁ、ただの風邪が直ったと言うことだ!
僕の体中の白血球に乾杯!勝利、おめでとう!

あっ~、僕は蚊に悩まされて気分的に惨敗したけど・・・!!!
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

バーベキュー at French Farm in India

日曜日、デリー郊外にある牧場で事務所のメンバーとバーベキューピクニックをやった。 久しぶりのイベントで、ごみごみしたデリーの毎日が吹っ飛んだ気がした。

デリーに長くいた日本人のスタッフが、バーベキューの出来る牧場を紹介してくれた。フランス人が経営する牧場で、French Farmという名前だ。デリー中心部から車で1時間半程度かかるが、20人以上で貸しきり可能。さらに、農薬を使わない有機野菜や牧場で育てる豚・鶏たちでパーティーができちゃう。

久しぶりのピクニックなので、牧場までの道のりは楽しかった。デリー中心部と違って、普段見られない光景が次々と目に入る。
delhi_suburb01 delhi_suburb02 delhi_suburb03
でっかいトラックの道横断 サリーとバイク タクシーのあいのり?
delhi_suburb04 delhi_suburb05 delhi_suburb06
インドは広い!どこまでも続く道! 結婚飾りの車 ロバと砂利道

長い道のりが終わり、ピクニック会場の牧場に着いた。別世界に入ったようで、ちょっとリッチな気分になった。目の前にリゾート地っぽい光景が広がる。青空、碧色のプール、南国の植物や花たち、すべてがマッチしている。
pool01 pool02

そして、料理が出てきた。最初は焼かれたパン、パテとハムが出された。 さすがフランス人が経営する牧場だけあって、パテもハムもうまい!
いや~、うますぎる!ベトナムで食べたフランスパンとパテの味が懐かしくてしょうがない。
ham pate
ハム パテ&パン

それから、チキンとソーセージが次々と焼かれる。有機野菜のサラダもてんこ盛りでだされた。ピクニック気分が絶好調に!!!

salad01 chicken salad02

最後、帰る前に牧場のご主人の家を訪れた。その玄関でのんびりと庭を眺めるワンちゃんがいた。

nonbiri

「僕は幸せよ。のんびりの毎日を送って、美味しいものを食べて。デリーなんか行かないで、ここで一緒に暮らしたらどうだい?」なんて言っているように見えていた。

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

デリーの韓国料理店

土曜日、宿舎に晩御飯がないので、事務所の先輩のお勧めで韓国料理店に行ってみた。意外に本格的な韓国料理が食べられたので、ちょっと感動!

行く前にインターネットで調べてみると、先輩が勧めた店は支店で、本店は「秘苑」という名前のようだ。デリー日本人会のホームページでは、本店が「住宅地の中の隠れ家的レストラン」と紹介されている。名前からして如何にも怪しい店。

ということで、大きなショッピングモールのアンサルプラザの中に入っている支店にした。
こんな立派なモールなら、安心だろう→    Ansal Plaza
   Kanban ←店の看板は、こんな感じ


そして、料理とビールを注文すると、たくさんのキムチが出された。
6人で12皿のキムチ+2皿のピーナツ+2皿の野菜天ぷら↓↓↓

kimchi1 kimchi2

うまかった!
そして、ついついビールが進み、冷酒まで注文しちゃった。話が盛り上がって、次々と料理を食べてしまい、写真を撮るのを忘れてしまった僕!

思い出したときは、麺や中身がほとんど取り出された鍋しか残っていない・・・反省!反省!
nabe

と言う感じなので、機会があったら、ぜひ一度行ってみてください。

Korean Cuisine(Restaurant De Seoul)
  住所: C-308 Ansal Plaza, Khel Gaon Marg 9、C-2 28
  電話: 11-3096-0289
  営業時間: 11:00~23:00

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

プリン教室

2010100403.jpg熱望していたプリン教室がありました。
香ばしいカラメルをたっぷりのせ、光り輝く巨大プリン!! 夢のようです~。それをケーキのように切り分けていただきます。皆、口いっぱいほおばって食べ始めたものの、少なくなってくるとちびりちびり。いとおしんでおりました。おいしかった~~!
蒸して作るのを教えていただいたので、どこに行っても出来る!先生が同行せずに、このしあわせ感を出せるか?!甚だ疑問ですが。。百聞は一見に如かず。ステキな手際を頭によみがえらせ、レシピ片手にがんばろう~。ひさしぶりの習い事は楽しかった。
教えてくださったのは、ナナエ先生。→
ベトナム料理やフランス菓子を教えているから、このベトナムプリンにもエスプリが漂ってる~。ひとつ教えてもらうと、またひとつ習いたくなる。
ベトナムでプリンを食べたいときは、bánh flan(バイン フラン)です。ホーチミンでは、ふつうサイズのプリンに砕いた氷をのっけて冷やしてました。店によっていろいろです。
2010100402.jpg

ランチで新ルピーをゲット!

昨日と今日のランチのおつりで新ルピーをゲットした。 あまりに珍しいので、僕のコレクションに追加した。

それはこれだ↓↓↓
2&5Rs

2種類の2Rsと1種類の5Rsだ。前日、インド通貨の種類について紹介したが、それと別のタイプだ。

紙幣の2Rsは、なぜかホッチキスが付いている?!何かと留められたのだろうか・・・

一方、新しく発見した硬貨の2Rsは、正十一角形になっている。正六角形や正十二角形なら簡単に製造できるはずなのに、なぜが正11角形になっている・・・さすが、数学と幾何学が得意なインド人が考え出したことだ!きっと十一って、特別な意味があるに違いない。

そして、5Rsの硬貨は、新しく2009年発行されたものだ。しかし、よく見ると、裏に「60 years of Commonwealth」 の文字が刻まれている。インド連邦の60周年の記念で作られたもののようだ。貴重品になりそうで、大切に閉まっとこう!

これで僕が知っている2Rsは3種類あり、5Rsは5種類となった。ルピーを集めるのも楽しくなってきた。(^o^)/帰国するまでに後何種類集めれるだろうか・・・

最後に、その他の大きい紙幣も紹介しよう。↓↓↓
20-500Rs

現在の財布の中に一番大きい札の1000Rsが入っていなかったので、残念ながら紹介できないが、今度新しく発見したルピーと一緒に紹介することとしよう。

Commonwealth Games 開幕式の写真

昨日のCommonwealth Games 開幕式の写真を掲載するホームページを見つけたので、紹介します。

スライドショーになっているので、そのままでご覧になれます。
多文化、多人種、長年の歴史を誇るインドを美しく表現したステージとその裏が映っている写真が盛りたくさん。イギリス太子Charlesの面白い表情の写真もありますので、見所です。

http://in.reuters.com/news/pictures/slideshow?articleId=INRTXSZDE#a=1

ちなみに、スライドショーの中に、大人に囲まれて不安そうに見つめる子供の顔が映っています(写真51番)。豪華絢爛の世界の裏に、子供たちは果たして何を考えているのでしょうか。

先週出かける際に撮った子供の写真がある。Commonwealth Gamesのために、建設ラッシュのデリーには、多くの労働者とその家族が集まっている。

そして、親が働いている間に子供たちがすぐ建設現場の側で遊んでいた。

brothers.jpg

いつになったら貧富差がなくなることだろうか・・・

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

Commonwealth Games in Delhi

今日、仕事に没頭した一週間が終わり、気晴らしに同僚と買い物に出掛けた。
しかし、なぜかすべての市場、デパートが閉まっていた。前回行ったにぎやかなローカルのINAマーケットも、人の姿がない。

デリーで一番大きいモールCity Walk もこんな状態に・・・
citywalk

そう言えば、今日10月3日(日)からコモンウェルスゲームズCommonwealth Gamesが開幕されるのだ。コモンウェルスゲームズは、イギリス連邦(British Commonwealth)の国々が行う総合競技大会で、オリンピックのように4年ごとに行われるようだ。今年は71カ国が参加し、デリーで開催される。ちょうどこの記事を書くときに、開幕の花火の音が聞こえてきた。

コモンウェルスゲームズ↓↓↓
Commonwealthgames
http://www.cwgdelhi2010.org/

コモンウェルスゲームズ期間中、交通規制が厳しく、専用車線が設けられ、普通の車両が走ると、高い罰金が課されるのだ。そして、今日は開幕日なので、人が出掛けないように、ショッピングセンターや市場が営業しないようにしたわけだ・・・普通なら外国の観光客が多い時期なので、一番売れる時だと思うが、店は一つも開いていない・・・

そんなことが知らない僕たちは、「しまった!しまった!」って呟くしかなかった。しょうがなくレストランで昼食を済ましてそのまま宿舎に帰った。なんだか不思議の気分の一日でした。

運良く見つけた営業中のレストランWAVES↓↓↓
wave

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

インドの通貨

もちろん皆さんが存じの通り、インドの通貨はルピー。1ルピーは1Re、2ルピー以上はRsと書くのだ。今日、日本ではほとんど知られていないインド通貨の「真実」を紹介しよう。

まず、僕の個人意見だが、インドでは原石がたくさん取れるので、ルピーRupeeじゃなくて、ルビーRubyと呼ぶべきではないだろうか。そうすると、もっと輝くように見えて、ものすごい価値があると思われるに違いない。どこでも赤色が使われるこの国に最適な通貨になるであろう。

赤色はこんなところで使われている↓↓↓
India_red

ルピーのヴァリエーションと言えば、1Re, 2Rs, 5Rs, 10Rs, 20Rs, 50Rs, 100Rs, 500Rs, 1000Rsがある。1Re, 2Rsは硬貨で、20Rs, 50Rs, 100Rs, 500Rs, 1000Rsは紙幣だ。しかし、問題は5Rs, 10Rsだ。硬貨もあるし、紙幣もある。しかも種類も3つ以上ある。

僕が今まで出会った5Rsと10Rsだ↓↓↓
10Rs 5rs

新しい貨幣を発行して、古い貨幣の回収が間に合わなくて、二種類存在するのは、よく分かる。しかし、なんでこんな3、4種類の同じ貨幣が存在するのか、不思議でしょうがない。「ちゃんと統一しろ」って誰か偉い人が言わないのかな・・・それとも多人種、多宗教の国だから、通貨も多種にしようという政策なのかな・・・

ちなみに、1Reも2種類の硬貨があり、グッドサインが入っている。一方、2Rsにはピースサインがある。
こんな感じだ↓↓↓
1&2Rs

ルピーのレートだが、今の時点では1Reが約2円なので、一番大きい札1000Rsは2000円程度になる。デリーでは、いつもドルからルピーに両替して生活している。一回目に両替したときは、1000円相当の500Rsの札ばかりもらった。しかし、100Rs程度の買い物するときに500Rsを出すと、必ず店員に嫌な顔される。おつりが用意されてないからだ。

「500Rs札しかないときは、100Rsの買い物はしちゃうだめだろう!300Rsぐらい品物にしなきゃ!!!」って会社の先輩に怒られた。←アッチャ(ヒンドゥ語の「なるほど」)。

************* インドに来る人のためのアドバイス *************
インドで両替する際は細かいお金をもらうようにしましょう。でも、全部100Rsに両替するのはお勧めしません。財布がパンパンになるし、大きい買い物するときは、数えるのが大変だ。お金持ちの感覚は体験できるかもしれませんが・・・(笑)

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。