2010-09

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリー世界遺産制覇

ついにデリーにある三つの世界遺産を制覇した。一番目に訪れたデリーの世界遺産ラールキラー(赤城)については、以前にも報告した。
この一ヶ月で二回の週末を利用して、残りの二個の世界遺産に行ってきた。どれもそれぞれの特徴があり、素晴らしかった。

まず、二つ目に行ったのは、クトゥブ・ミナール複合建築群(Qutb Minar)だ。これは、現在インド最古とされるイスラム遺跡群のようだ。タージマハルに訪れた際も感動したが、クトゥブ・ミナールでも、昔のインド人の技術力の高さに深い感銘を受けた。

Qutb Minar01 Qutb Minar02
絶妙なバランスで残る石の門 4世紀が経ったのに、ほとんど錆びない純鉄の柱

そして、クトゥブ・ミナールと言ったら、インド歴史の印の一つであるクトゥブ・ミナール記念塔だ。これは、奴隷王朝を作ったクトゥブッディーン・アイバクによって戦勝記念として1119年に建てられたもの。現在でもその堂々とした姿で立っていて、青空を突き破るように見える。

クトゥブ・ミナール記念塔↓↓↓
Qutb Minar03

そして、三つ目の世界遺産は、フマユーン廟(Humayun’s Tomb)だ。これは、ペルシャ出身の王妃ハージー・ペーガムが、ムガル皇帝フマーユーンの廟として建てさせたもので、広い庭園が特徴的だ。

立派な庭園の真ん中に立っているフマユーン廟↓↓↓
Humayun01

フマユーン廟一角の窓↓↓↓
Humayun03 Humayun02
外から中を覗く時 中から外を見る時


本当に千夜一夜物語に出て来そうな雰囲気で、子供の時に読んだ神話を思い出させてくれた。感動的なものを見ちゃったなとつくづく!

インドに来てすぐ訪れたタージマハルは、このフマユーン廟の建築に大きな影響を受けていると言われている。タージマハルとフマユーン廟で共通点を多数見つけたので、別の機会で紹介するが、デリーの三つの世界遺産の共通点もたくさんあった。
その一つは、これらの建築物が自然と一体になっていることだ。周辺に植物はたくさんの種類があり、今でもよく手入れされている。そして、動物たちもたくさんいて観光客と楽しく共存している。芝生を走ったり木を上ったりするリスや城の門や壁に止まって見守っているハトは、その代表だ。

ここで、僕のベストショットを紹介しよう。

庭で観光客のえさを待っているリス↓↓↓
squirrel
クトゥブ・ミナールの壁に止まっているオウム↓↓↓
pirot
フマユーン廟の門から観光客を眺めるハト↓↓↓
hato


そして、最後のベストショート。

フマユーン廟で見つけたカエルの化石?! ↓↓↓
frog
↑↑↑これは共存とは言えないか!(笑)
スポンサーサイト

テーマ:インド - ジャンル:海外情報

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。