2006-04

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あたま庭

20060502021404.jpg 20060502021412.jpg
庭のある横道展、無事終了しました。
お客さまとどんな組み合わせがいいか話しながらの1ヶ月は、お花屋さんみたいでした。
雑貨で庭をつくり、身辺に持ち歩く。日々の暮らしの楽しみ方のひとつ。どんどん発見
していきますよ。次は何かな?
スポンサーサイト

できあがり!

20060428020051.jpg 20060428020043.jpg
思い思いに選ばれた天然石がアクセサリーになっていった今日の横道。
組み合わせる石によって表情が全然ちがう。それは、大事に包まれ持ち帰られたのでありました。出来上がるのを待つあいだのお茶は、仕入れから戻ったばかりの紫山が持ち帰ったもので、
タイでよく飲まれる「三馬茶」。食堂で出されたり、神様に供えるお茶にもなります。数字があがる
程よりコクのある深い味に。アジアから横道に、そしてみんなの手元や喉元に届く諸国の良さ。
持ち帰るのがくり返される。そのつなぎめにいるのが作家、紫山なんですね。要です。
つくられる間、形になっていくのをじっと見つめていた皆さん。いかがだったでしょうか。
物への印象が変わってたら嬉しい。

20060428034954.jpg
20060428034946.jpg ほかの作家も店に来て、枯れた庭と陶器の草原もできました。
              さいごまで、季節のようにかわっていく展示です。

えらぶ石

20060425051636.jpg20060425050908.jpg
今回、参加している作家のひとり。紫山が店にやって来ます。
それぞれに意味のある天然石を選ぶと、その場でつくってくれるんです!
自分だけのアクセサリーができる。つくる現場が見られる。この二重のよろこびが得られるのは、
4月27日(木)
1日います。予約不要なので、気軽にいらしてくださいね。
展示してある作品の説明や、アジアの話もおもしろいです。

花のネックレス 3800円 20060425051231.jpg 20060425051223.jpg
葉のネックレス 3300円

動くたびにゆれる天然石と。ちいさいスズが付いていて、どこか遠くで鳴っているようなかすかな
音色が心地よい。ブレスレットもできます。

七人の作家

庭のある横道展。庭師である作家を紹介します!

20060425031313.jpg20060425031324.jpg20060425032146.jpg
knospe
諸国の布で色とりどりの花をつくっています。
ストールにつけたり、髪にさしたり。普段使いしやすいかわいさで、店内には100輪ほど咲いて
います。花がこんなに気持ちを朗らかにするなんて!あれこれ選ぶお客さまがみんな女の子に
なっていくのを妙に納得しながら見守る店長です。
20060425020828.jpg20060425020849.jpg20060425020835.jpg
紫山
アジアを歩き、少数民族からゆずってもらった品々でアクセサリーをつくっています。
自然の中での暮らし、古くから伝承されたものが集まり、組み合わされ新たによみがえる。
そのせいか、山から採ってきたような気分になるアクセサリーです。原始を感じます。

20060425020856.jpg20060425020905.jpg
araya
ハンチングをこよなく愛する作家です。
葉や花をモチーフにしたものや、緑の中を歩くときにかぶってほしいとイメージしたものなど。
帽子の長さや深さが少しずつ違い、頭にのせるとしっくりきます。派手に見えるもの程、
かぶるとなじむのが不思議です。

20060425020912.jpg
Kei world fabric Jilimili
インドやスリランカ、ネパールのサリーで小物をつくっています。さらさらと軽く目に鮮やかな
サリー。なかなか着て歩けないけれど、バックやポーチなら身につけられる。柄のなかに植物
を探すのも楽しいですよ。

20060425020919.jpg 20060425020925.jpg
ふわふわくるくる丸めるのが好きな作家です。
羊毛でできたねずみは、マチ針をさすと「針山ねずみ」に変身します。針がねているので、
手前の灰色ねずみはまだ怒ってませんね。

20060425024511.jpg20060425024252.jpg 20060426020118.jpg
とぼけた表情が得意な陶芸作家です。
植木鉢や器など、手びねりで土のあたたかさを感じさせてくれるものばかり。
アクセサリーをかける木や家の煙突から煙が出る香立もあって、卓上が面白くなりそうです。

20060425020954.jpg
BOROM GLASS BEADS
とろりと溶けそうなガラス。
草にのる露のように、まるで水を含んだような作品ばかり。光を通すとまたちがう姿を
みせる発色にうっとりです。

雑貨で春や庭を表現してみようと始まったこの企画。こんなにも室内に緑や風や光を運んできて
くれるとは!と驚いています。展示は、あと一週間。まだまだたくさんの方に見てほしい!

ベトナムお粥

4月23日(日) ベトナムの日常を食べる日

月に一度の、ベトナム喫茶。今月は、鶏おかゆ、蒸春巻です。
チャオガーという粥は、こくのある味がしっかりした一杯。バインクォンという蒸春巻は、よく
知られる生春巻、揚春巻と並ぶ一品で、もちもちした食感にたっぷり野菜がたまらないです。
蓮茶、練乳入り珈琲などのみものに加えて、
今回は届いたばかりのお茶のお供↓もあります。50円~
20060420053055.jpg20060420053105.jpg
20060420053113.jpg20060420053123.jpg
たべもの 450円~ のみもの 350円~
この日は、ベトナムから雑貨も飛んできます!
西公園でのお花見がてら、是非お立ち寄りください。

お花見

20060419043550.jpg 20060419043602.jpg
お団子をいただいたので、店内の庭でお花見。
近くに大きな公園があって、桜がふくらんできている。宵になると提灯が灯りはじめたので
咲くのもそろそろかな。

庭の喫茶

4月の季節メニューは、庭の展示にちなんでこんなお茶とおやつを出しています。

20060419043528.jpg 丹桂百合 500円
中国の工藝茶。丸くとじた茶葉に湯をさすと、
だんだん花が咲いてきます。大輪の百合のあいだから、かわいい金木犀がぷかぷか。
緑茶の渋みがきいていて、目に楽しい口に爽やかなお茶です。

    ハイビスカスのフルーツポンチ 350円 20060419043539.jpg
ランブータンとオレンジが入ったおやつ。花びらがこんなにおいしいなんて不思議です。

ほかに、バラの冷たいおやつもあります。
しゃきしゃきヨーグルトに、やわらかマシュマロ。リキュールの入った少し大人のおやつ。
こちらは400円です。

春の恒例

春の移動が落ち着いてきた。
よく来ていただいたお客さまのなかにも。仙台で過ごした留学生の人たちも。横道で歌ってくれた
TRIEUくんも、双六を教えてくれたイさんも。次の暮らしへお引越し。
電話やメールがあるけれど、顔をみて話せないのはつまらない。恒例とはいえ、やっぱりさみしい。いろいろな国から勉強に来て、いつか帰る学生のみんなと過ごすようになって、いつまでもこのままってないんだなと、毎日をよくよくかみしめるようになった。約束がなくても会える距離とか、一緒に何かする事とか。毎日はつながってるだけで同じ日はないんだなー。でもでも、出会って離れたからこそ。元気かな?と思い出したり、再会する醍醐味があるとも思う。遠くに移り住んだ人が、ひょっとふいに現れるのは店の醍醐味。うれしい瞬間。
というわけで、今日も横道は開店します。

ちいさい底力

060410.jpg
休みの日は、ちいさなお客さんが多い。来るたびに、めざましく成長していて感嘆してしまう。
あのどんどん入る吸収力と、体をぐるぐるまわって出てくる表現力が今もあったらいいのになと思う。心底思う。集中力もほしい!
店の片隅には、諸国の楽器が置いてあって、お茶をのみながら、みんながいろんな音をだす。
父と子の手は、とても楽しそうだった。

おしまいのピザ

ココペリピザの日を終えて。
この2日間、そして今まで。ほんとうに、たくさんの方に来ていただきました。
月に一度、焼きあがるのを待ちながら、食べてくださった皆さまに心から感謝しています。
おいしい熱々ピザを作ってくれたココペリさんにも!
060408.jpg
ありがとうを込めて、お花を贈りました。そして、これからのココペリさん誕生に甘いケーキで
お祝い。次なるは、なんとドキュメンタリー映画の上映をしていくそうです。きっと、いい映画を
たくさん仙台に持ってきてくれると思います。これまた楽しみ♪それに、出てきたココペリ語録は
「人生に絶対ということはない!」
なので、いつかどこかでまたピザが食べられるかもなーと小さな野望を抱きつつ、幕は下りた
のでありました。

ココペリピザ

明日、あさっては。ココペリ屋台車が店にやって来て、店内で食べたり持ち帰りもできるピザの日。ココペリさんは、なんと今月でおしまい。
ピザを焼く日々から、次なる新しい日々へうつるんです。
食べられなくなるなんて!という事実に目眩をおぼえつつ、しっかりほおばりたい、2日間。
ココペリさんと会ってみなきゃ損!味わっておかなきゃ損!損!です。

庭のある横道

niwayoko-dm.jpg
始まります! 4月5日(水)→30日(日)

7人の作家が集まって作った、雑貨の庭展です。
喫茶では、花のお茶、おやつも味わえます。

準備中

水曜日から始まる企画展の準備をしています。作品が届くたびに、ダンボールから雑貨を出しては、わぁー!となって作業の手がしばし止まる。店の中がすてきな物で溢れ、一度ひっくりかえって。庭が出来上がってきました。
途中、緑を見ようと行った園芸屋さん。詳しい説明と丁寧な仕草に、植物への愛情が伝わってきて、植物育ててみるかって興味津々になる。没頭する人の話をきいたり、様子を見てると、しあわせな気分になる。店に並べられた作品も、こんな作家さんたちが作っています。店内は、さまざまな素材と色がいっぱいで、賑やかです。

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。