2017-07

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして、9月

このころ楽しめる果物は、竜眼(long nhãn、ロン ニャン)。
夏に落ちてる種がライチ(vải、ヴアイ)なら、秋に、道端の椅子の下にバラバラッと落ちてる黒い玉はコレ。束ねられて枝のまま売っています。
20110926001.jpg

皮は手でむけるので、台所のないホテルで食べるのも楽チン♪
水をたっぷり含んだ、ほんのり甘い果肉。
歩いてクタクタなときは、喉が鳴ります。部屋に冷やしておけば、なおよろし。
ささやかに置いてありますが、種はこんな感じ。これが、ざっと100粒以上は落ちてる。
20110926002.jpg 201109260003.jpg

これはバンレイシ(蕃茘枝)。英語ではシュガーアップル。
ブッダの頭のようなので、釈迦頭(しゃかとう)とも言う。
ベトナム語では、北部でna(ナー)。南部では、Mãng cầu ta(マン カウ ター)と言う。
20110926004.jpg

以前、自分で買って食べたときは、ひとくちで止めました。
今回も気がすすぬまま、ひとくちだけ。。と食べたら、驚くほど旨かった!!
よくよくきいたら、私が買ったのは、むいた皮に果肉がくっついてくるもの、それはイマイチの模様。
義母の見立てたものは、手で触ると皮だけホロホロ落ちる。中身は丸いまま。
かぶりつきます!濃いクリームみたいな果肉。甘さがべたべたしないのは、
鼻にぬける花のような香りが爽やかだから~。
どうやって見分けるか。そこんとこは、よくわからなかった。。熟練の勘か。
20110926005.jpg
まず昼に写真に撮って、食べたのは夜だったので、ムードある灯りの色になってます。
見た目もうちょっと白いです。
スポンサーサイト

6月のベトナム

5~6月は、街路樹に花が咲いて、とてもきれいな季節。
紫の花は、hoa bằng lăng ホア バン ラン。
赤い花は学生の花と呼ばれる、hoa phượng ホア フゥォン。
写真には写ってませんが、ときどき見かける黄色い花は、hoa me ホア メ。タマリンドです。
20110825001.jpg

このころ、楽しめる果物は、
マンゴー(xoài、ソアイ)
ドラゴンフルーツ(thanh long、タイン ロン)
パイナップル(dứa、ズゥア)
などなど。

これは、ザボン(bưởi;、ブオイ)。果肉はうっすらピンクに色づいて、みていてうっとり~。
そのまま食べたり、サラダに入れたりします。
20110825002.jpg 20110825003.jpg

スイカ(dưa hấu、ズゥア ホウ)も、こうして切るとアジア感たっぷり。かなり食べやすいです。
とくに皮の近く。
20110825004.jpg

これは、ランブータン(chôm chôm、チョム チョム)。
皮に、ナイフで一周切れ目を入れて、ひねると、つるっとむけます。
メラメラ燃える見かけによらず、中身は乳白色で楚々としてます。味は爽やか~。
なかにある、種の甘皮がどうしてもくっついてくるけど、いっしょに食べちゃって大丈夫です。
20110825005.jpg 20110825006.jpg
ライチ(vải、ヴアイ)もよく食べます。こちら庶民派。大量に食べます。皮は手でむけるので、ぱくぱくいける。果肉はみずみずしくて喉がうるおいます。
初めてベトナムを歩いたとき、道のそこかしこに黒い玉がたくさん落ちてるところがあって、何だこれ?!踏んだらやばい?と警戒してたら、路上に座っておしゃべりしながらライチをつまんだ、おやつの宴の跡でした~。そのぐらい食べられる。
どの果物も、スイスイ入るから、お菓子の存在忘れてました。

mè xừng 続報

以前、紹介したフエの伝統銘菓「mè xừng メー スン」。もちもち香ばしい胡麻のお菓子。
ほかの形も手に入ったので、続報です。こちらは、一口大と手のひら大。
厚みが増すほど、もちもち度も強くなり、おまけにピーナツが入ってたりもします。
090212mexung.jpg

ベトナムな友人

先日、ホーチミンから戻ったばかりの友人が来た!
フランスでもお菓子修行をしたことのある日本人の彼女が過ごした半年は、どんな日々だったのか?!出来立てほやほや~の滞在話をききたかったから、会えてうれしかった。

話しながら囲んだのは、ベトナムごはん♪ 手羽元と根菜のスープ、豆腐炒め、茹で野菜など。野菜のつけ垂れは、ゆで卵に醤油をかけ唐辛子をちらして混ぜる。これは北部のものらしく、南では見かけなかったそうで、こんな地方の話もきけました。

お土産に持ってきてくれたのは、
kẹo mè xừng ケオ メー スンという、ベトナム中部フエの伝統菓子。
胡麻だらけで、香ばしくもちもちしたおいしさ!好物です。ありがとう。mè xừng には、色々な形がありますが、これは丸くて薄くて、ちぎりながら食べるのが楽しい~♪ 初めて見たときは、なんだ?このライスペーパーは!と思ったが、そのまま食べるお菓子だった。ほかに、黒胡麻や干し海老だらけのライスペーパーもありますが、これはbánh đa バイン ダーといって、炭火であぶって焼いて食べるもの。どちらも、生春巻には変身しない。。ややこしい。しかし!丸くて薄いものは旨いので買ってハズレなし!そして、ベトナムの胡麻やピーナツをつかったお菓子も、だいたいおいしいのでハズレなし!です。

そのとなりは、珈琲。新種だそうです。その名も「リス珈琲」。
包装をみていると。。リスが、かりかり齧りながら珈琲豆を収穫してるのが容易に想像できるー!!いそいそ働く姿が頭からはなれないー!! のんだらヘーゼルナッツ味でした。なるほど~
090121003.jpg 090121005.jpg
Kẹo Mè Xừngと、coffee Con Sóc

ナナエちゃんは、仙台で料理教室をしています。
これから、ベトナム修行の成果が大放出されるんだね~。たのしみ。→

この日は、1月18日でした。旧暦の12月23日。ベトナムでは、台所をきれいに掃除して、かまどの神様をお見送りし、お正月の準備に入ります。もうすぐお正月です。→

tà phớ タァーフォー

tapho081117.jpg








 tà phớ
 タァー フォーとは、ベトナム豆腐のおやつ。
 南のほうでは、tàu hủ タゥ フーといいます。
 
つるっとした喉ごしの柔らかい豆腐に、生姜砂糖汁がかけてあって、大豆のプリンというかんじ。
ほどよい甘さのあと、生姜の香りがくすぐります。
初めてベトナムを訪れたとき食べました。わたしには、アジアのたまらん匂いがいくつかあって。もちろん!いい意味で。ここからも漂ってきます。温かくても、冷たくてもおいしい一品。

ベトナムには、ほかにも温かいおやつが色々あって、甘さ控えめで小腹も満たされるので、肌寒くなるこの季節にぴったり。以前、日本の絹ごし豆腐で代用できるよっと教えてもらったので、ときどき作ります。絹ごし豆腐を温めて、水、生姜、砂糖を煮つめた汁をかけるとかなり近いものが出来る!lá dứa ラー ズア(パンダン)を入れるとさらに本格的に。やわらかい豆腐を選ぶとおいしいです。

こちらは作り方!料理教室を発見!!肝心のところが既に出来上がってるのがご愛嬌。↓↓
目で学べないなら、耳!ベトナム語の勉強がんばろうと思いました。
http://jp.youtube.com/watch?v=MC3lsGzb-CA&eurl=http://saigonbao.com/saigon-11.htm

«  | HOME |  »

プロフィール

横道AGO

Author:横道AGO
2007'09まで、仙台で
諸国の人の交流を柱にした
雑貨・喫茶の店を構える。

現在、
ベトナム人の夫、日本人の私、
3歳の娘でインドに住む。

 

カテゴリ

最近の記事

最近のコメント

リンク

月別記事

ブログ内検索

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。